[ホーム] > [よく間違えるややこしい言葉の違いを明確に説明],

バッテリーのお得な廃棄方法 |電動自転車

スポンサード リンク

電動自転車のバッテリの廃棄方法で困り果てましたが、とてもお得な方法が見つかりましたので報告します。

電動自転車は数年で型落ちになったりパワーが衰えて使えなくなります。県の引き取り業務に依頼したところ、自転車本体は500円で引き取ってもらえますが、バッテリは引き取り対象外とのことでした。ネットで検索してバッテリ廃棄業者に依頼しひょうとしましたが、なんと1個5000円とのこと。予備で合計二つ持っていたので合計 1万円 + 税金。さすがに廃棄で1万も支払えないので困り果てていました。

そのまま時間だけが経過してたのですが、新しい電動自転車を購入しようと某有名な自電車チェーン店を訪れたところ、新車を購入するなら、代わりにすべて540円で引き取ってくれるとのこと。バッテリも(2個、充電器も含む)引き取って貰えました。無事解決。余計な出費を抑えられて大満足です。(2018年10月)

以下廃棄方法を比較しています。地域により異なると思うので注意してください。

(*)絶対に不法投棄はしないでください。今は赤外線カメラが数千円で買える程度にお手軽になっています。不法投棄されやすいところこは監視されていると思ってください。不法投棄は厳罰です。個人でも法人でも1,000万円以下の罰金刑または5年以下の懲役刑が課され、未遂(捨てようとしたところを見つかった)であっても処罰されるでしょう。たかが数千円で一生パーになります。絶対にそこらへんに捨てようとは思わないでください。

スポンサード リンク

説明行政(地域にもよります)業者の引き取りサービス某有名自電車チェーン店
自電車バッテリ廃棄方法本体は500円。ただしバッテリは廃棄対象外とのこと。

バッテリを除外して自電車を廃棄

1個5000円で引き取り。(某 R というネットサービスで検索)

新車を購入する場合はバッテリ2個含めて一式540円で引き取り。ただし自転車を購入しない場合は不明ですお店で確認してください。

スポンサード リンク

[ホーム] > [よく間違えるややこしい言葉の違いを明確に説明]







【注意】本ページは著作権で保護されています。許可なく全てあるいは一部を複製することはできません。

理解しやすく記載されております。記載が不正確な可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。hikaku2.com since 2018